記事一覧

■「きらりん☆レボリューション ファイナルステージ」レポ

会場に到着した頃、ちょうど昼の部が終わった辺りで
駅前の通りに面した退場口からちびっこがゾロゾロと出てきた。

僕のそばにいた見知らぬヲタ(大人)3人組が
「うひおー!いつもとは違う爽やかな光景ですな!ぎゃぎゃぎゃぎゃっ!」
と笑いあってたので、「うん、そうだね」と心の中で同意してやる。

会場前ではきらりのコスプレをした若い女の人(大人)を多数見かけた。
でもコスプレをしてる人って遠くから見てるのが一番だなと思う。

サイリウムを忘れてきたので中で買おうと入場列に並ぶ。
時間になり、入場が始まると異常な速度で列が縮んでいく。

何事かと思えば、ボディチェックもかばんチェックもスルーなのだ。
朝と昼はそんな心配もいらなかったんだろうけど、さすがに夜でスルーはマズイだろ。

席は1階の右よりで真ん中よりちょっと後ろ辺り。

その少し後ろ辺りでレイチェルさんとなおさんが連番していて、
パンパカが最前で滝のような汗をかいていた。

先日の食あたり以来、どうも腹の具合がよろしくないので開演前にトイレに行く。
実際、ライブ中も軽い波が2~3回襲ってきたが、気合いでなんとかやりおおす。

時間になり、暗転。そして開演。

まずは流行りのオープニングアクトに「極上!!めちゃモテ委員長」の宣伝として
おがまなとMM3とMM学園合唱部がやってくる。

えりーなを生で観るのもこれが最後になるのかもと思うとちょっぴり寂しい。
そして、MM3という男3人組の右端がレイチェルさんのお眼鏡に適った模様。

0.めちゃモテ I LOVE YOU(北神未海、MM学園合唱部)

腰の動きがくいくいと激しい歌だったのでハラハラする。

VTR:マネージャー雲井さんの諸注意

会場内で食べたり飲んだりはダメ!と強い口調で言ってたけど、
昭和の運動部じゃないんだから飲み物禁止のルールは外してもいいと思う。

VTR:きら☆レボ第1話名場面
1.恋☆カナ(月島きらり)

なんかオケの音が小さかったような?

MC:月島きらり引退宣言

月島きらりとして客前で歌うのはこれが最後になりますという寂しい挨拶が。

2.バラライカ(月島きらり)

一転、大盛り上がりでライラカイカイ。

3.ハッピー☆彡(月島きらり)
4.チャンス!(月島きらり)

「チャンス!」では赤いドレスへの早着替えも。
アニメから飛び出したキャラクターらしく、新曲ごとに手の込んだ衣装を作ってましたね。

5.Tokyo Friend☆ships(SHIPS)

この日のライブの中でもトップクラスに盛り上がった曲じゃないかな。
「遮二無二 トップ ブッちぎって」のあとのジャンプは確かに楽しい。

6.アナタボシ(MilkyWay)

そしてMilkyWayの登場。ものすごいタンバリン率です。
あちこちに星型のシルエットが現れたときはちょっと震えた。

子供タイムには貸しタンバリンもあったようなのですが、大人には貸してくれません。
準備の悪い大人はきらりちゃんにエアータンバリンでお願いしますと促される。

7.ガムシャララ(MilkyWay)

「タンタンターン!」のc/wです。MilkyWayの曲は全曲やったのかな。

MC:きらりコーデクイズ
MC:観月ひかるの紹介

なんかあの人が来てくれたみたいだから呼んでくる的な感じできらりちゃんがいなくなる。

その間、きらりちゃんの過去のシングル衣装を見ながら、
何の曲かを当てるゲームが始まり、客に言わせたりする。

どういう経緯かは忘れたけど、
SHIPSの茶色いほうがダンディズムの歌を歌ってるときにきら☆ぴか登場。

ぴかさん(萩原舞)はSHIPSの2人に人見知りしてたのかな。
顔が少しこわばっている雰囲気で緊張している様子だった。

2人きりになってからはきらりのぴかいじり(昔はこんなに背が低かった的な)で
自分を取り戻したのか、(o・ⅴ・)<それじゃなーさんじゃん! と突っ込む余裕も。

8.はなをぷーん(きら☆ぴか)

ラストにして初の生ぷーんですよ。
何でこの曲を今まで温存してたのか理由はさっぱりですが期待通りに楽しい。

9.ふたりはNS(きら☆ぴか)

きら☆ぴかのライブ定番曲となってた名バラードですね。

(o・ⅴ・)<このあともきら☆ぴかライブ楽しんでってください!

ちょっと間違ってる挨拶でぴかさん退場。
代わりに現れたMilkyWayの2人と交代するように衣装替えのため、きらりちゃんも退場。

10.負けん気!強気!元気!前向き!(雪野のえる)

まずはのえるのソロ曲から。会場が青くなります。
タイトルは「やる気、元気、井脇!」みたいだけど、のえるっぽくカッコいい1曲。

11.はてはてな(花咲こべに)

青から一転、会場が黄色に。
こべにっぽくふわふわした可愛い1曲になってます。

12.SUGAO-flavor(月島きらり)

初期の頃によくライブでも歌ってたのでなんだか懐かしいですね。

実はきらりソロのc/wからは唯一の選曲だったりもします。
c/wだと「恋の魔法はハビビのビ!」とか「ハッテン×JOY」も聴きたかったな。

13.ヒマワリ(月島きらり)

2ndアルバム「きらりん☆ランド」からの選曲。
同アルバムからは怪作と名高い「こんにちぱ」もあったのでそっちも聴きたかったなと。

14.パパンケーキ(月島きらり)

ノリo´ゥ`リ<何が聴きたい? みたいな煽りがきらりちゃんからあったので、
「こんにちぱ」を期待したんですけど、叶わずでした。

この曲は上手く言えないけど、
久住小春が月島きらりに体を乗っ取られて歌ってる印象が昔からあるんですよね。

15.はぴ☆はぴサンデー!(月島きらり)

ラストシングルだけど、僕の中ではきらり全作品の中で一番好きな作品でもあります。
かなり聴きこんだので思い入れたっぷりです。でも踊れないんですけどね。

16.君がいる(SHIPS)
17.half of dream(SHIPS)

場内が白くなります。

僕の近くにいたSHIPSファンの女性が
キャーキャー黄色い声をあげてたけどこの人たちはこの後どうするんだろう。
僕らみたいにハローを応援してればいいってわけじゃないだろうし。

18.タンタンターン!(MilkyWay)

「いち、に、タンタンターン!」「さん、し、タンタンターン!」の煽りが心地よい。
それだけにエアータンバリンなのが非常に悔やまれる。無念。

19.サンサンGOGO(MilkyWay)

ライブ向きの名曲だけに、この日で最後になってしまうのが非常に惜しい。
振りマネが苦手な僕でも出来るサビの手振りはもう楽しすぎる。

アンコール

MC:謝意
VTR:山ちゃんのナレーション
MC:山ちゃんの感謝の言葉

5人が再びステージに戻り、感謝の言葉を述べる。

そのあと、突然の暗転でステージ上が真っ暗になり、
ちょっとしたパニック状態になる。

聴き覚えのあるナレーションが入ったと思えば、
おはスタの山ちゃんが突然の乱入。

客席からは山ちゃんコールがうねりをあげる。
そして山ちゃん登場にちょっと泣いちゃってるステージ上の5人。

山ちゃんからステージの5人に対して
非常に愛が溢れるメッセージが贈られる。

20.Tokyo Friend☆ships(SHIPS)
21.サンサンGOGO(MilkyWay)

ライブの中でも特に盛り上がった2曲を
「おかわりタイム」としてもう一度歌う。

アンコールの本来の意味としてはこういうのが正しいのかもね。

MC:「月島きらり」最後の言葉(手紙を読む)
MC:きらりん☆レボリューション終了宣言、万歳七唱

ノリo´ゥ`リ<みなさんきらレボは好きですか?

ファン、SHIPSの2人、こべに、のえるに対して
ありがとうと感謝を述べるきらりちゃん。

月島きらりは永久に不滅です。
手をつなぎ、そして万歳七唱。

「終わりたくないよ~」とキャラも忘れて号泣するのえる。
人前では涙を見せないと言ってた小春ちゃんも泣いています。

僕らにも分かるような感覚だと、
部活の引退試合みたいなものだったのかな。青春だったんでしょうね。

タンバリンを残し、ステージから主役が消えたあとも
再三の退場勧告を尻目に治まらない人たちが××最高!と叫び続ける。

会場を出ると、清水佐紀か矢島舞美かといった具合に大汗をかき、
幸せそうな笑顔を浮かべたパンパカがいた。

アンコールの「Tokyo Friend☆ships」で黒い方が目の前で服を脱ぎ始めたことを
目を爛々と輝かせながら楽しそうに語るパンパカ。

そしてレイチェルさんと合流。
なおさんとサネッティさんを紹介してもらう。

なおさんはレイチェルさんと同じ雰囲気を持った人で
SHIPSの写真を余らせてないかと女性ファンに尋ねられていた。

サネッティさんはリアルタイムな方でした。

ファイル 357-1.jpg

▼明日も中野

明日は℃-uteの昼公演に2回目の握手を狙います。
そして当日券が出ればはぴすたの夜公演に参加したいなと考えてます。